Home   Shopping   Special   Ya.Su.Ra.Gi-style   Interior   Travel   Groda   About us   How to Order   Mail   BBS

TOMOEさんご夫婦が2006年春(ゴールデンウィーク)に、スウェーデンに新婚旅行に行ってきました〜!
おなじみのTOMOEさんのスウェーデン旅行記 第2弾です!!
今回の旅では、Helingborg(スウェーデン南部)・Stockholm(首都)・Gotland (スウェーデンの小さな島)の3都市を
めぐり、スウェーデンに住むTOMOEさんの親戚や知人にだんな様を紹介したり、念願のマリア教会を訪れたりと
夫婦そろってスウェーデン旅行を満喫されています。
『私が好きなスウェーデンをだんなさんも同じように好きになってくれたことが一番うれしい。
そして、たくさんの人の優しさや温かさに触れられ、本当になりたい自分・なりたい家庭を見てこられたような
気がする・・・』と話すTOMOEさん。
お二人にとって、忘れられない素敵な思い出がたくさん出来たようです。

TOMOEさんご夫婦の旅行では、スウェーデンにいる親戚・知人と一緒に、地元の人が行くレストランなどに
行かれていて、旅先でのお店選びの参考にさせてもらえそうですよ。
2006/4/26〜2006/5/4
格安航空券を購入し、スウェーデンへ8泊9日の新婚旅行に行ってきました。
大好きなスウェーデンのことを旦那さんにも知ってもらいたくて、新婚旅行先は迷わずスウェーデンに決定。
福祉国家スウェーデンへの旅・・・夫婦揃っていろいろなことを感じ、勉強になりました。
Helingborg
ヘルシンボリはスウェーデン南部にあるとても美しい、静かな街で、私の伯父さんが暮らしている街でもあります。
デンマークともとても近く、コペンハーゲン(カストロップ空港駅)から電車でヘルシンガー駅へ行き、
そこから連絡船(フェリー)に乗ってヘルシンボリに向かいました。
 ヘルシンボリにある念願の“聖マリア教会”へ・・・。
ヘルシンボリでは、伯父に結婚の報告をしたり、クロンボー城を観光をしたり、
今回の旅行のメインイベントでもある「聖マリア教会を訪れ、ウェディングドレス姿で写真を撮る」という長年の夢
叶えてきました〜〜〜♪

この聖マリア教会は、歴史のあるとても美しい教会で、34年前に私の両親が挙式をあげたところでもあります。
7年前に初めて母と一緒にスウェーデンを旅行した時に、この思い出のマリア教会に連れてきてもらい、それ以来、ず〜〜っと、
私も結婚式をするならば、「両親と同じく、ここで式を挙げたい」と、心の中に夢を描いていました。
その念願の夢が、とうとう実現!!
私たちは宗教上の理由(キリスト教徒でないので)から、教会内で正式な挙式をあげることは残念ながら出来なかったけれど、
教会の人のはからいで、教会内での撮影をさせてもらうことができ、「指輪の交換」と約束の言葉を交わし、
私たちなりの結婚式をあげることが出来ました。
伯父が見守ってくれる中、一生忘れることの出来ない感動のひと時を味わえ、とてもうれしかったです!
      
聖マリア教会にて記念撮影。ドレスとブーケ(←双子の姉の手作り)は日本から持参しました。

 クロンボー城(Kronborg Castle)









ヘルシンガー駅から徒歩15分のところにあるクロンボー城(Kronborg Castle)。
ここは、シェークスピアの戯曲「ハムレット」の舞台でもあり、世界遺産にも登録されいる素敵なお城です。
お天気もとても良かったので、お散歩日和でした。

Stockholm
 Katrinahiseen

  

ストックホルムでは従兄弟(=伯父さんの息子)に再会。
従兄弟がまず最初に連れて行ってくれたのが、ストックホルム市内を一望できる、Katrinahiseen。

ここからの景色は最高で、夫は初めてのストックホルムにとっても感動していました。
おすすめのビュースポットです!


Katrinahiseenの下にはGONDOLENという地上36階のレストランあり、
ここもひとつの観光スポットになっているそうです!

 ストックホルムの美味しいレストラン

ストックホルムで行った素敵なレストランを2軒紹介します。

@Grill
Drottninggatan(ドロットニング通り)の天文台公園近くにあるGrillというお店。
スウェーデンの若者の間で人気のあるお店で、いつもほとんど満席だそうです。
ボリューム満点で、食べ切れませんでしたが、味は美味しかったです。
お肉だけではなく、お魚や多国籍料理もありましたよ。
店内の雰囲気もお洒落で、お酒を飲みながら、食事や会話を楽しめるお店です。
       
          
     

AJimmys
(地下鉄MEDBORGARPLATSEN駅(メッドボリヤルブラッツェン駅)から徒歩7分)
JTBワールドガイド北欧に地図と紹介文が掲載されていますので、興味のある方は見てみてくださいね。(by hitomi)

ストックホルム市内からちょっと離れた高級住宅街の中にある湖に面した素敵なレストラン。
味はもちろん、店内の雰囲気も良くて、時間を忘れて食事と会話を楽しめました。
美味しいスウェーデンのお魚をオーダー!
平目を大きくした感じの大きな魚(名前を忘れてしまいましたがスウェーデンでも高級魚だそうです)とサーモンを選びました。
どちらもとっても美味しかったです!
他には、ビュッフェスタイルのランチがあり、これもまたおいしそうでしたよ。

  

 ドロットニングホルム宮殿とスカンセン
私たちが滞在していた、4月30日はスウェーデン国王の誕生日でもあり、
街の中はイベントが行われたり、お祝いの雰囲気でいっぱいでした。
その日に、現在のグスタフ国王が住んでいるドロットニングホルム宮殿に行ってきました〜。
(ドロットニングホルム宮殿はUNESCO の世界遺産に指定されています。)

建物、空、空気、草木を眺めたり・・・、将来のことなどいろんなことを考えながら、広い庭をお散歩。
お天気も良かったので、とっても気持ちがよかったです。
ここにいる間は、なんだか時間が止まっているように感じたり・・・。
リラックスしたい方にも是非おすすめです。

〜スカンセン〜(野外博物館、動物園)
4月30日は
春を祝う日でもあり、スカンセンでたくさんの木を燃やすイベントが行われていました。
多くの観光客がいて、びっくり!(東京ディズニーランドのパレードや花火を見るくらいの人の多さでした・・・。)
長い冬より春や夏が大好きな北欧の人々。
短い春や夏をを心待ちにしているのですから、皆でお祝いするのでしょうね。
私たちも合唱団の歌を聴きながら一緒にお祝いして、楽しんできました。
イベントがなくてもスカンセンは大人も子供も楽しめるテーマパークですので、おすすめですよ。

  

 yasuragi
ストックホルムでは、夫のリクエストでyasuragiに宿泊!(中央駅から車で約15分)
このホテルは、日本の「和」をコンセプトにしたホテルでスウェーデン人にも人気があり、平日だったけれどたくさんの人が泊まっていました。
スウェーデンにいながら、日本の旅館にいるような不思議な雰囲気。
夕食はお寿司、天ぷらとお肉にデザート付き。

味やボリュームはスウェーデン人好みにしているのか、和食本来のものとは少々違いましたが(まずくはないですが・・・)食器や照明など雰囲気はとてもよかったです。

     
夕食は和食でした。
参考までに、1泊2食付きで、1450Skr/1人。

Gotland
 ゴットランド島
ゴットランド島には父の友人夫婦が住んでいるので、彼らに会いに行ってきました〜。
島では北部(VISBYから車で20分くらい)の海岸沿いをお散歩したり、Visbyの街を歩いたりしてゆっくり過ごしました。

私たちが行った5月初めはまだ観光シーズンではないので、観光客はほとんどいなかったけれど、
夏になると、街の中は真っ赤なバラがあちらこちらに咲いて、通りもお店も賑わってくるそうです。
古い建物と花の鮮やかな色がとても合い、素敵な雰囲気を漂わせている街です。

街の中心部のHastgatan(最初のaの上に点が二個あります)を散策中、「Cafe Boheme」というカフェに入りました。
カフェ・モカ・ケーキ・サンドイッチをオーダー。
全部手作りなので、とても美味しかったですよ。
店内には、世界中を旅行していたというオーナーが集めた世界の人形などが飾ってあったり、
サーカスの雰囲気もあったりと、楽しくなるお店でした。
ちなみに、オーナーは、とても気さくな方で、わかりやすい英語で話してくれます。
夏のVisbyを訪れた際は、必ずお茶をしたいお店です。

  
街中の風景
 
海岸沿いの風景