Home   Shopping   Special   Ya.Su.Ra.Gi-style   Interior   Travel   Groda   About us   How to Order   Mail   BBS

2004年秋、tomoeさんがスウェーデンに行ってきました。

家族全員スウェーデン好きというtomoeさんのスウェーデンとのつながりは、
お父様が40年程前に世界中を旅している時に、ストックホルムをとても気に入り
そこで生活をしたことから始まっています。
現在は叔父様がスウェーデンに移住していて、
tomoeさんにとってスウェーデンとは、距離は遠いいけれどとても身近な国。

そんなtomoeさんが、叔父様や従兄弟、お父様の友人を訪ねて、
スウェーデンを旅してきました。
スウェーデン家庭の生活に溶け込むことで、北欧独特の暮らし方、時間、空気、温かさに触れ、とても素敵な旅をされています。
決して観光旅行だけでは味わえない経験や触れ合いがいっぱいで、
とてもうらやましい旅です。
2004年10月11日〜2004年11月1日。
ネットで格安航空券を購入して、“スウェーデン癒しの旅”へ出発〜!
成田→コペンハーゲン空港→ヘルシンボリ→ストックホルム→ゴットランド島。
  ○ストックホルム
<ガムラ・スタン>

ガムラ・スタンの雰囲気が大好きで、寒さと時間を忘れて、ただずんでいました。
「目的もなく、ただ街を見て過ごす。」
そんな時間の過ごし方が似合う街です。

4年前に訪れた時と街の雰囲気は全然変わっていなくて、ここだけ時間が止まっているような
感じがしました。



<ストックホルムにある教会>
小雨が降っていましたが、紅葉がとても綺麗でした。
この時期の気温は日本の初冬と同じくらいで、最低気温0℃、最高気温10℃。

街中をグルグルと歩き回って、秋のスウェーデンを堪能しました。(秋のスウェーデンもおすすめ!!)



  ○ヘルシンボリ(スウェーデン南部)
ヘルシンボリは、デンマークからはボートで15分(ストックホルムからは電車で約6時間)の歴史のある港町。
とても美しくて静かなところで、32年前に両親がこの街の中にあるマリア教会で結婚式を挙げました。
私の家族にとってはとても思い出深い街です。


  スウェーデン夫婦(叔父の友人)宅に遊びに来ました。


叔父の友人である“器用で優しい旦那さんと料理上手で優しい奥さん”が住むこの家には、
滞在中に何度も食事に招待してもらいました。
スウェーデンの家庭料理は素朴なものが多いのですが、とても美味しかったです!

インテリアも手作りのものが多くて、時計は拾った板で作ったオリジナル。(とってもおしゃれで素敵でした!)

キッチンの隣には手作りの果樹園。
地下には、旦那さん手作りの日曜大工スペースもありました。
手作りがとても身近にあるスウェーデンでは、インテリアにそれぞれの家庭のこだわりや個性があって、
見ているだけでも本当に楽しい!



  ○ゴットランド島(Gotland)

ゴットランド島は、ストックホルム(アーランダ空港、ブロンマ空港)から飛行機で45分または
ニーネスハムからボートで3時間でいける小さな島です。
中心部のウィスビーは街が世界遺産に登録されるほど綺麗なところで、中世のヨーロッパの雰囲気が残っています。
夏はたくさんの観光客が訪れるのですが、私が行った頃(秋)はほとんど観光客はいなくて、お店もほとんど閉まっていました。(残念。。。)
ゴッドランド島といえば、顔が黒い羊が有名で、羊毛を使ったお土産は大人気!!
わたしももちろんGetしてきました!カーリーヘアーで柔らかくって、かなりお気に入り!




ゴッドランド島では乗馬をしたり、ドライブをしたりして過ごしました。
空気がとても気持ちよくて、最高!


  ドルフィンスクール(ハンディキャップをもつ子供たちの学校)を訪ねて


ドルフィンスクールはほとんどボランティアに近いユニークな学校で、生徒は7人、先生が4人います。
ドルフィンスクールの教育方針は、「international thinking!」。
英語で会話したり、世界中の国々に目を向けて話し合いをしたり・・・。
みんなとてもイキイキとしていて、まったくハンディキャップを感じさせない子供たち。
ドルフィンスクールの校外学習にも一緒に参加して、牧場で乳搾りをしたり、ゴットランド島にしかない
という不思議な石の博物館(KALKBRUKSMUSEUM)に行ったり・・・。
福祉国家スウェーデンの実際の現場に触れることができたことは、私にとって本当に良い経験でした。

子供たちに日本について知ってもらおうと、折り紙と書道を紹介したところ、みんな日本にとても興味を持ってくれたので、
うれしかった〜。


 スウェーデン人夫婦宅にホームステイ。


ゴットランド島ではスウェーデン人夫婦宅にホームステイ。
毎日美味しい食事とワインをいただきながら、夜遅くまでおしゃべり。
せかせかせずに、楽しく、ゆっくり生活しているスウェーデン人には、当たり前の日常の1コマ1コマが、私にはすごく新鮮で、とても心地よく感じました。

朝食は手作りのパン。

ニンジンとたくさんの穀物を混ぜて作ったとてもヘルシーで美味しいパンです。

私が来た記念にと素敵なアトリエでおそろいのお皿を買ってくれました。
滞在中はいつもみんなでこのお皿を使って食事をして・・・。
こんな心のこもったおもてなしに感動!