Home   Shopping   Special   Ya.Su.Ra.Gi-style   Interior   Travel   Groda   About us   How to Order   Mail   BBS

2005年5月末、カオマックさん夫婦がスウェーデンとフィンランドに行ってきました〜!
インテリアショップ巡りをしたり、フィンランドの自然の中でのフィッシングを楽しんだり・・・。
初めての個人旅行でしたが、本当に楽しく、思い出深い旅になりました。

今回の旅で一番の印象に残っているのは、北欧における子供(赤ちゃんも)とペット(犬)の社会性。
旅行中、沢山のベビーカーや子供連れ家族、遠足の子供達をみかけたけれど、
泣いてる子を見る事がなかったんです!大声で叫んだり、だだこねてる姿も・・・。
赤ちゃんも、犬も、空港や乗り物の中でもとても大人しい。
日本では考えられない事だなぁと少しカルチャーショックを受けました。
みんなとても心豊かに暮らしているんだなぁ・・・。

  2005年5月26日〜2005年6月4日 (ストックホルム4泊,ヘルシンキ4泊) 
自分たちでホテルを選んで、インターネットで予約!
初めての個人旅行でしたが、フィンエアーもホテルも大満足で、とても素敵な旅になりました。
「関空→ストックホルム→ヴィスビー(日帰り )→ヘルシンキ」


宿泊したホテルは、
・クォリティーホテルネッカ(ストックホルム)・・・安さで選んだのですが朝食は一番良かったです!
・HOTEL J(ホテルジェイ)(ストックホルム)・・・憧れのホテルに宿泊できました。
・スカンデックホテル・コンチネンタル・ヘルシンキ
・スカンデックホテル・シモンケンタ・ヘルシンキ


   ○ ヘルシンキ

「テンペリアウキオ教会」「フィンランディアホール」「アアルトハウス」を見に行ったり、
「アーリッカ」「マリメッコ」「アルテック」などのインテリアショップ巡りを楽しみました。
 アアルトハウス
 アアルトハウスの外観。
 隣は図書館。
家は木造で建具や窓枠も木。
やっぱり本物の素材はいいな
一階のリビング。
ダイニングの窓にはすだれもかかっていて、
なんだかちょっと前の日本の家みたい。
 フィンランドの自然の中でフィッシング!

1ヵ月前くらいからHPでみつけたガイドさんとメールでやりとりをして、かなり力をいれて計画したフィッシング!
夫独りで参加したので、8時間もネイティブのガイドと一緒で大丈夫かな?と心配したけれど
英語が達者な彼等は優しい言葉で話しかけてくれて、コミュニケーションもバッチリ☆
憧れのニジマスが釣れて、ニコニコ。
フィッシングをしながら、フィンランドのこと北欧の地形の話など色々教えてもらいました!
7月のフィンランド中央部でする釣りは最高だ!と教えられ、「必ず又釣りに行く!」と断言してきちゃったそうです(笑)


 ヘルシンキの街
 エスプラナディ公園。
 天気がいいので皆日なたぼっこ。



騎馬兵。
良く見ると女性でした。かっこいい!!



トラムに乗ってアアルトハウスへ。
電車路の敷石ブロックもおしゃれ!



 ○ストックホルム
「森の火葬場」、「市立図書館」、「スルッセン港でのヨットレース見学」

 憧れのデザインホテル「hotel J」。

部屋も素敵でしたが、佇まいに感激。
1階が朝食やお茶を飲む所で、暖炉もありました!
ホテルJから市街地スルッセンへはボートで行きます。
ホテルから海辺に降りてきたところには白鳥がいて、餌を投げると寄って来ました。
ちなみにわたしがあげた餌は「まがりせんべい」



 ヨットレース LUNCH TIME
偶然スルッセンの港でNOKIAのプロヨットレースの模様を見られる事に!
夫は学生時代にヨットレースをやっていたので
こんな間近にプロの仕事を見る事ができて大感激。
私はイケメンのクルー達のに感激!
黄色が美しいヨットはボンジュール号。フランスからの参加でしょうか?


カイサスフィスクで注文したエビサラダ。
メニューが読めず、一か八かで注文。
たしか「トーストフィスク」美味しかった!
地元民になれた気分!


○ヴィスビー
skywayでvisbyへ
飛行機雲。
青空は日本の空より青かった
木で出来てるキャンドルスタンド。
購入しなかった事を激しく後悔中!
ツーリストインフォメーションで聞いた
visbyのビューポイント。
オレンジの屋根がかわいい!
ピンクのドアの回りに這ってるのは
薔薇。
花が咲くとどんな風になるんでしょう。
家々は壁と窓枠をカラーコーディネート
不思議な花のつぼみ。
どんな花が咲くのかな?
ビューポイントにいた猫。
しばらく一緒に遊びました。
魔女の宅急便の街。