前回の旅でも訪れたエステルマルム市場(Food&Fish Market)
市場内にはカフェやレストランが何軒か入っていて、食事をすることができます。
私たちが入ったのは、
「SEAFOOD RESTAURANT LISA ELMQVIST」
1926年にオープンして以来ずっとストックホルムでは有名なお店だそうです。

ここの
フィッシュスープとサーモン料理は本当においしいです!
お昼からビールを飲みながら、いただきま〜す!
歩き回った後の食事だったので、ペロリでした。




同じ飛行機で来た友達の智恵さん(旅行記も掲載中)と3日ぶりに合流。
ストックホルムで3日ぶりに再会した私たちはおおはしゃぎ!
智恵さんも目がキラキラしていて、よりパワーアップしていました。スウェーデンマジック!?(笑)

智恵さんのいとこのダニエルさんの案内で、Odenplan駅にある

地元の人にも人気があるスウェーデン料理のお店 

KALLEREN TENNSTOPET RESTAURANT
に連れて行ってもらいました。
フィレステーキ、スモークサーモン、魚(なんだったけ?)のグリルなどなど。

初めてお会いしたダニエルさんともすぐに意気投合できて、
スウェーデン人の生活などをいろいろ聞きながら、ゆっくり食事を楽しみました。

キャンドルを囲んで食事をするあの温かい雰囲気が、
初めて会う私たち夫婦とダニエルさんとの距離をより近づけてくれたのかも。
スウェーデン人の生活や仕事について、いろいろなお話が聞けて、すごく楽しかったです!
ダニエルさんの生活は「仕事に行って、帰りにパブに寄って、週末はジムに行って・・・」
という感じだそうです。結構日本人と似ていているのかな〜。

ちなみにスウェーデンの(若者の間)では、転職することが珍しくなくて、
3年ごとに仕事を変える(ステップアップ)人が多いんだそうです。
面接の際に年齢を聞くことはタブーだとのこと。年齢による差別や制限をしないそうです。




IKEAのフードコートでお食事。
「トレイをもって、自分の好きなものをオーダーして、最後にレジに並ぶ」という感じで注文します。

私は
スウェーデン料理のミートボールを頼んでみました!
リンゴンベリーというジャムをつけて食べるんです。
「ミートボールにジャム?」と最初は思ったけれど、食べてびっくり!これが結構合うんです!!
おいしかった〜!
スウェーデンでは肉料理には、このリンゴンベリーのジャムをつけて食べることが多いんだそうです!
お腹がいっぱいになったところで、ショッピングスタート〜〜♪