Home   Shopping   Special   Ya.Su.Ra.Gi-style   Interior   Travel   Groda   About us   How to Order   Mail   BBS

 
"Ya.Su.Ra.Gi-Style"
 
    No.48 「招く楽しみ」
友達が集まっての我が家でランチ。
『招く』なんていうと、ちょっと大げさだけれど、
皆が家に集まることはとても楽しいし、嬉しいこと。

私の“定番のおもてなしスタイル”はというと・・・、
まずは、生活感が伝わり過ぎない程度に部屋を片付けて、
季節やお料理に合わせたリネンのランナーを1枚、ピシッとアイロンをかけてテーブルに敷く。
玄関と食卓、そして部屋のあちこちにウェルカムキャンドルを灯して、
最後にお手洗いにホワイトティーの香りをシュッとひと吹き。
BGMにはスウェーデンのデオダートこと「ROMAN ANDREN」のCDを流す。
ランチタイムのお料理には、オーブンに入れて出来るものをメインにチョイス。

今はなかなか手の込んだおもてなしはできないので、
そこは大目に見てもらって、出来る範囲のことを。
『力を抜いて。その分、心を込めて・・・・。』
これが私のおもてなし信条。


先日、スウェーデンから一時帰国中のgrodaが遊びに来てくれた。
tomoeさんも集合しての久々のランチ。
メニューは、牛肉のしぐれ煮サラダとラザニア、ガーリックトースト。

grodaとはメールや電話をのぞけば、2年ぶりの再会。
外国で働き暮らしていくバイタリティと、まわりをパッと明るくする雰囲気を持つgroda。
この日も満面の笑顔での登場でした。
「久々の日本はどう?」と聞くと、
「日本は疲れる〜〜!モノがたくさんで買い物は楽しいけど、もうホームシック。
スウェーデンが恋しいよ〜」と。
すっかりスウェーデンのリズムや暮らしが身に染み付いているよう。
スウェーデンでの暮らしと、日本の暮らし。
両方を知るgrodaの話は、いつもとっても興味深くて面白い。

そしてまたtomoeさん特製のモンブランがテーブルに並びました。
クッキープレートには「おかえりなさい」のあたたかいメッセージつき。
tomoeさんの地元の栗を使ったクリームはほどよく甘くて、
grodaに“日本の秋”を感じてもらえたデザート。


また別の日(もうだいぶ時間が経ってしまったけれど、)
SHIHOさん&TOMOEさんが遊びに来てくれて、ランチをしました。
この日のメニューは、なすのバルサミコ酢マリネと、モロヘイヤのライススープ。
そして(写真にはないけれど)2種類のピザを焼きました。







HPを通じて知り合ったTOMOEさんとSHIHOさん。
職業も住んでいる場所もそれぞれだけど、会えば昔からの友達のように話が盛り上がる。
しょっちゅう会えないからこその貴重な時間。

この日もまた、心地よい刺激を与えてもらいました。
そして、二人が帰った後、CDを聞きながらコーヒーを飲んで
楽しかった会話をひとり思い出してニヤッとする。
なんとも言えない高揚感と充実感。
この時間が、私の招く楽しみのひとつでもある。
みんなも家に着いて一息ついた時、ひとりニヤッとして欲しくて、
お気に入りの和菓子を手土産に。
食べながら、ニヤッと思い出し笑いをしてくれていたら いいな。