屋内型の蚤の市 
営業時間 : 11〜18時(土曜9時〜15時)、日曜10時〜15時
行き方 : ストックホルム中央駅から地下鉄で13コ目のSkarholmen駅。そこからは徒歩3分位。

25年の歴史があるというスウェーデン最大の屋内型蚤の市に行ってきました〜。
北欧デザインのアンティーク(アラビアの食器など)を扱うお店もあれば、
「これは一体どう使うの?」というような日用品を扱うお店もあって、品揃えはそれぞれ。
掘り出し物が見つかると、かなりラッキーな値段で買えるというけれど、
今回私たちはそんなラッキーな商品には、お目にかかれませんでした。
(私たちの期待値が高かったためか、少しガッカリ。。。)
北欧のジャンクモノが好きな人は、行ってみるといいかも!


SKARHOLMEN駅で降ります。 駅を降りてから左手に向かうと見える
ショッピングセンター。この中。
入場料はかかりませんでした。
入り口を入るとずら〜っと
お店が広がっています。
現地の人との交渉も楽しい! 食器、置物、「???」なモノまでいろいろ。



 スーパーマーケット巡り

スウェーデンのスーパーマーケット巡りは楽しい!
牛乳パック、バターの入れ物などなど、毎日使う消耗品までもがちゃんとデザインされていて、
さすがデザインの国、スウェーデンという感じでした。

スウェーデン最大のスーパーマーケットチェーン店はコープ・コンスーム。
緑色のウインドウが目印で、シンプルなデザインのオリジナルの商品もあります。
オーレンスの地下に入っているのは、ヘムショップ。
(中央駅にあるオーレンスの地下のヘムショップが一番品揃えがいいらしいです)

牛乳パックがすごくかわいかったので、買って帰りたかったけれど、断念しました。
テーブルの上に置いておくだけでもかわいいですよね。
牛乳パック用のフタもちゃんとあって、機能的にもGood!

コープ・コンスーム Arla社の牛乳
乳脂肪分によってストライプの
カラーと太さが違います。
量り売りの野菜&フルーツ。