Home   Shopping   Special   Ya.Su.Ra.Gi-style   Interior   Travel   Groda   About us   How to Order   Mail   BBS

ジャズナイト
皆さん、お久しぶりです♪
お元気でお過ごしですか?
そして、瞳さん、ご出産おめでとう!!
もう再稼動というニュースで、パワフルな瞳さんに感服です。
新たな魅力がどんどん溢れていきそうな予感♪
ますますこれからのスローライフスタイルから目が離せませんね。
スウェーデンから楽しみにしています。

grodaはというと・・・。
年末から引越しやら、仕事やら・・・でバタバタしており、お恥ずかしい限り。
時間がない、忙しい人というのは、時間の使い方が上手でないだけで、本当に時間がないわけではないんですよね。とほほ。

さて、その辺は目をつぶり、最近のことをちょこちょこと。

スローライフスタイルのトップページにもあるように、今冬は本当にビックリするほどの
暖冬です。
毎年、暖冬だ!異常気象だと言い続けているような気もするのですが、今年はまさに異常気象。
南スウェーデンとはいえ、1月にはいっても、まともな雪も降らず、2月なんて極寒!と思うほどの寒さが普通のスウェーデンですが、マイナスの日の方が少ない(というか、滅多にない)という有様。6~7度が普通の毎日です。
真冬にマイナス10度以下に下がるようなスウェーデンからすると、もう暖かい~~!と叫んでしまうような毎日で。(笑)
気温が暖かいせいで、雨ばかり。冬だという感じが全くしません。

今年の冬こそは、去年も一昨年も行かなかったスキーを楽しむぞ!!と意気込んでいたのですが、撃沈です。

昨年は、雪が降らないねぇ、降らないねぇといい続け、3月に入り、突然雪が降り出し、4月頃まで降っていたので、今年もそうなるのでしょうか・・・?
まだまだわかりません。
寒さが嫌いなgrodaですけど、ここまで変な気候では心配です。
でも、雪や氷に悩ませれる冬の間のドライブに関しては、今年は心配がなく、冬なのに車で遠出できてしまうのは嬉しい限り。

先日はとっても天気が良かったので、一人で
Helsinborgの町までドライブ&町をお散歩。
海が大好きなgrodaにとって、憧れの町のひとつです。
街並みも、古い良さとモダンがうまく調和していてとっても素敵!!
天気が良いので、日向ぼっこをしている人をたくさん見かけました。
なんだか気持ちが明るくなってくる、そんな天気の一日でした。


           

            



さて、今回は、最近はまっている
ジャズクラブのことを少々。
grodaの住むところからは1時間ちょっと車を走らせたところにある町ですが(暖かいので運転もらくらく♪)昨年末、友人からのご招待でそこのジャズクラブ会員にしていただいたのがきっかけで、すっかりはまってしまいました。
音楽は基本的に好きですが、なかなか生では聞いたことがなかったので、生の迫力に圧倒。
昨年末はイギリスからのサックス奏者がゲスト。
スタンダードなジャズとは少し違う、モダンな感じでしたが、とっても素敵でした。服装が、なんだかゴルフ帰りのお父さん、という感じだったのがちょっとおかしかったけど(笑)


      


このジャズクラブ、会員制ではあるのですが、誰でも会員になれます。
スウェーデンでは飲食店経営&お酒に対して、いろいろといろと法律が厳しく、カフェと申請している場合は、お酒は出せなかったり、バーと申請するのはなかなか厳しかったり、バーの申請だと温かいお料理は出していけないとか・・・etc
ここのジャズクラブはカフェとなっているので、お酒は出せないのですが、会員制として、会員のみにお酒を提供するのはOKらしく、そんな関係で会員制というわけです。会員になってしまえば、1年間有効。後は入場料を払うだけでジャズを楽しめます♪

広場の片隅の半地下にあるジャズクラブ。
スウェーデンではジャズクラブだけで経営していくのはどこも厳しいようで、ストックホルムでも、ジャズだけをやっているクラブはなかなか無いようです。ここのジャズクラブのオーナーはいつも使っているホールを何名かで共同経営。
普段はダンスのレッスンや生涯学習コースなど、色々な用途に使われているようで、シーズンに何度かジャズのライブが行われています。


昨年会員になったので、今年早々、春のプログラムが送られてきて、ワクワク♪
早速、今年初のライブに行ってきました!
ノルウェーから、Mathias Eick Quartet。
トランペッター、Mathias Eickを中心としたクァルテットです。(そのままですが・・・)
北欧32箇所でコンサートをしながら回っているようで、
スウェーデンでは3箇所で行われる様子。
説明には、ノルウェーのスーパトランペッター、マティアス・エイックは
現在スカンジナビアンジャズシーンにおける、もっともエイサイティングなアーティストの一人、と・・・。期待度大!!
そして写真を見るとなかなかの男前!!友人と張り切って、いい席を取るぞ!と繰り出しました。


                      

                 

そして期待通り、すばらしい演奏で、感動。
情緒溢れるトランペットの音色に聞き惚れました。こんなにも豊かな音色が出るなんて。
新たな発見もあったりして。。。
そして1曲終わるごとに恥ずかしそうに髪の毛をくしゃくしゃといじる、彼の仕草がとってもかわいかったです(笑)
ジョークを交えて曲を紹介し、1曲終わるごとに髪の毛をいじるので、どんどん頭のボリュームが・・・(笑)
クァルテットのメンバー、ひとりひとりも素晴らしく上手な方ばかりで、本当にあっという間のライブでした。
5月にCDが発売されるとの情報を入手。買いますよ~~~!

来月は大人数のグループのようで、なんと7名。
そして説明を見ていると、なんとピアノが日本の方!!これは観にいかないと。

ここのジャズクラブ、実は一昨年(だったか)スウェーデン内のジャズクラブで一番良いジャズクラブに選ばれています。(選ばれる基準はわかりませんが)
オーナーはデンマーク人でみんなライブの始まる前に食べるデンマークのオープンサンドイッチが大好き。
友人はこれを目当てにといっても過言ではいでしょう(笑)
スウェーデンのオープンサンドイッチとはちょっと違うんです。こぢんまりとした小さなジャズクラブですが、アットホームな感じと良い音楽でとっても人気があるようです。これからも楽しみです♪
楽しみが増えるって幸せですね。
特に冬の間は。

今日も外はあいにくの雨模様。
お仕事がお休みなので、何をしようかと考えていたのですが、熟したバナナがそのままになっているのを思い出し、発酵いらずで、簡単(という噂)な
ソーダブレッドに挑戦。
料理はすきなのですが、お菓子を作るのが非常~~~~に苦手なgrodaなので、簡単レシピなはずなのに、四苦八苦しながら作りました。
あともうちょっと焼き色をつけようなんて、スウェーデン便りを書き進めていたら、ちょっと焼きすぎましたが(笑)、とりあえず出来上がりました。
熟したバナナが苦手で困り果てていましたが、無駄にせずに美味しく変身させることができて一安心。
モチモチしていて美味しいです。
いろいろと騒がれている最近では、自分で手作りするのは美味しくて安心でいいですよね。

それでは、また近いうちに・・・♪
笑顔に溢れた素敵な毎日を皆さんが送れますように。

groda

キノコ♪キノコ♪
こんにちは、皆さん秋を楽しんでいますか??
スウェーデンは秋まで駆け足で去っていきそうな勢いで、日に日に寒くなってきています。
この頃になると、からりと晴れた日のほうが寒い!
放射冷却で、ぐっと気温が下がり、今朝も天気は良くて最高♪なんて思いましたが、気温は3度・・・。
これでは秋とは言えません。
でも、紅葉はキレイで、空気も澄んでいる感じがしてすがすがしい毎日です。


さてさて、今日の話題は、先日書いた「季節外れザリガニパーティー」の翌日に行くことができた
キノコ狩りのことを・・・。
皆が楽しみにしているキノコのシーズンが到来し、スーパーなどでも、
近隣国から輸入したカンタレッル:日本名杏茸(昨年のスウェーデン便りで少し紹介したような・・・。恐らくスウェーデン人が一番好きなキノコです。)が目玉商品的に紹介され始め、地元新聞などでも、見出しは「
カンタレッルの季節」。

カンタレッルの料理方法などが紹介されて、食欲をそそります。
街では
キノコグッズが並び始めて、家庭でも、シーズンごとに小物を入れ替えて、
季節を楽しむんですね♪
(※grodaおすすめの“キノコ柄のショッピングバッグ” 販売中です
                 


そんなスウェーデンの「季節に沿った楽しみ方」みたいなものが大好きなザリガニパーティーの翌日、
みんなゆっくり休み、全員揃ってから朝食。
小雨が降るあいにくの天気でしたが、キノコ狩りとなればそんなことは気にしません♪
友人のお姉さんは愛犬と赤ちゃんを連れ、一足先に森へ。
私達のお目当ては、やはりカンタレッル♪ 今年はかなり採れると聞いて、期待たっぷりで森へ向かいます。
たくさん着込んで、足元はもちろん長靴が必需品。

どんどん歩いていくと、「
エリー(オオツノヘラジカ)の足あとがあるよ。」との声に近寄ってみたら、
私の足の大きさと大差ないひづめの跡がくっきり泥の中に残っていました!
エリーを見たことはあったけれど、こんなに大きなひづめをもっているとは・・・。
蹴られたらひとたまりもないですね。 森の中へ入る時は、注意が必要。
どこも同じような景色ですし、知らない間に遠くの方まで行ってしまうことも。
今回は、森へ入る場所から、視界に入る距離にビニールテープが結びつけられていて、
迷子にならないように工夫されていました。
赤ちゃんは森の入り口付近で羊のマットが敷かれたベビーカー内でお昼寝。
(赤ちゃんを置いていってしまうあたり、さすがスウェーデン。とは言え、個人所要の森だからこそできることですよ~。)
そこから、進むこと5分ほどで、歓喜の声があがりました♪
カンタレッルの群生を発見!!!
あちこちに黄色い落ち葉のようにも見えるのがカンタレッルです。



一箇所発見すれば、たいてい周りにたくさん生えているので、まずは端から採っていきますが、
あまりの多さに「一体どこから始めたらいいの~?」と嬉しい悲鳴。(笑)
群生を一通り採り終えて、また歩いていくと、「黄色い落ち葉」発見!!
自分で見つけると喜びはひとしお♪



表面に見えているのはかさの部分なので、手のひらを上に向けた状態で、根元にゆっくり手を差し込み、そっと引き抜きます。
落ち葉に埋もれて、視界には入らない所にもたくさん。
ほんの少量をその日のご飯のために採る場合だったら、刷毛のついた小型ナイフを持ち歩き、その場でキノコをキレイにして収穫しますが、今の時期、保存食用にも採りますので、いちいちキレイにしていてはキリがない!
そんな訳で、どんどん採ってはビニールへ放り込みます。
grodaとしては、キノコ狩り=木のかごを片手に、刷毛つきナイフでキノコを掃除しながら収穫していく、
なんて北欧キノコ狩りと聞いてイメージされる典型的キノコ狩りを夢見ていたのですが・・・。
カゴを持って行かないの?と質問したら、そんなのじゃ入りきらないし、重くて持って帰れないわよ~!との答え・・・!!!
その理由は森に入ってみてわかりました。(笑)
今回連れてきてもらった森は、半端じゃなかった!!!
そんな訳で、一人大きいビニールを一つ持って、大人6人で向かったキノコ狩り。
どの袋もすぐに満タンに。

   

カンタレッル以外のキノコは?というと、あるにはあるのですが、やはり森ごとに生えやすいキノコの種類が違うようで、
ここはカンタレッルとトラットカンタレッルといい、少し黒っぽい同じカンタレッルの種類がメイン。

そして、森の中にはキノコ以外にも楽しいものがたくさん♪
イノシシの足あとや糞を発見したり、エリーが食事をした跡を見つけたり。
スウェーデンにもイノシシがいるんですね。
一度見たことはあるのですが、どんな偏見からか、どうも実感が湧きません・・・。(笑)
でも、遭遇したくはないですね。

みんな無心でキノコを採る中、私は一人、落ち葉を取り除いたりすることも楽しみつつ、なるべく綺麗にして、
のんびり採っていたので、ビニール袋はすぐにはいっぱいにならず。
そして、とにかく、自分で発見したい!と一人うろうろ、うろうろ。
誰かが先に歩いた場所は確実に発見され、採られているので、みんなの声が聞こえる距離を保ちつつ、
みんなのいない方向へ歩きながら探していました。

斜面になっている場所を少し降りていくと、なんだかキノコがありそうな予感♪と進んでいくと・・・。
「ブルルルルルッッ!!!」と動物の激しい鼻息(というか、頭をブルブルッと振りながら嘶く様な音)が。
友達のお姉ちゃんが大きな犬を連れてきていたので、一瞬その子かしら?と思いつつ、ついさっき違う方向へ走っていったことを思い出し、それにしても、音の距離感と、その声の主の大きさを考えると・・・、犬でないことは一目瞭然。(見てないですけど。笑)
非常に大きい動物・・・。汗。絶対私より大きい・・・。 それって・・・。 それって・・・。
エリーだぁーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!
一瞬黒い影が見えたような、見えないような・・・。 これはマズイ!!!とクルリと向きを変え、元来た方向へ!
そこを少し離れた後に、「きゃーーーー!」と叫び声。(笑)恐怖というより、興奮!です。
「エリーに遭っちゃった~~~~!」との私の声に、みんなびっくり 説明してみると、
「うん、それはまさしくエリーだ。」と言われ、さらに興奮!(笑)
たぶん、私が気づかずにどんどん歩いてくるのを見て、エリーが怒って、 「それ以上近寄るなよ!!!」と警戒音を出したようです。
あぁ、びっくりです。草食動物と侮るなかれ。毎年エリーに襲われて怪我する被害が報告されるくらいですから。

その後も、友人とまだキノコを採っていたら、「フガツフガッ」となんだか豚のような声が・・・。
え!?イノシシ・・・!?と二人で固まっていたら、どうも様子がおかしい。
友人のお義兄さんがイノシシの鳴きまねをして脅かしているだけでした!(笑 )

結局その日は予備のビニール2つも満タンに収穫。

帰り道、
リンゴンベリー(コケモモの実で、これをジャム状にして、スウェーデンではお肉料理に添えて食べます。)を見つけ、少し収穫し、みんなでビニールを重い重いと言いながら、持ち帰りました。

   

おうちで、待っていた友人のお父さんと甥っ子はどうだった~~?と2階から質問。
「残念ながら今日は全然カンタレッルは採れなかったよぉ・・・。」とみんなで答え。(笑)
降りてきた二人はびっくり仰天!!! 今までで一番すごい収穫じゃない!?というくらい。
そして、みんな楽しみの計量です。


        

なんと、なんと、この日は全部でスウェーデン産ともなれば、160kr/kgすることもあるので、
これをスーパーで買ったら3500krぐらいになるねぇ~~。と皆。(現在1kr=約18円です。→6万円越え!)
そんなに採ってどうするの?と疑問になるかもしれませんが、スウェーデンはその季節毎の食材しか手に入らないので(今はそうでもありませんが)、収穫できる時に一気にして、キノコの場合は、綺麗に掃除をした後、大きな鍋にキノコを入れ、そのまま火にかけます。
そうすると、キノコの水分がじんわり出てきて、しまいには水を入れて煮たかのように、水分たっぷりに。
それをビニールなどに小分けして冷凍して保存します。
または個人でキノコ乾燥機を持っている人もいますので、乾燥させて瓶に入れて保存という形も。
こうしておくことで、いつでも
お肉料理のソースに使ったりできるんですね♪
そして、今のシーズン、その日に視界に入る全てのキノコを採ってしまっても、後から後から生えてきます。
森の幸ですね♪
今年はキノコ狩りにいけないかな・・・とあきらめていた中で、今までにないすごいキノコ狩りを経験できた、
最高のシーズンとなりました♪
エリーにも遭ってしまったし♪

キノコ狩りは、9・10・11月がシーズンですが、昨年は12月まで収穫できたそう。
ただ、10月からは猟がスタートするので、要注意です。
撃たれる(!)心配以上に、ハンターの人からひどく怒られるそうなので、それが一番怖いですね。(笑)

個人所有の森で、持ち主が一緒なら大丈夫です。
今シーズンは私がキノコ狩りに行くことはなさそうですが、早くも来シーズンが待ち遠しいgrodaです。
そして、次こそはエリーの写真を撮ってやる!と意気込んでいます。(危ない。笑)

スウェーデンでは最近キノコ狩りに興味がある人が多いようで、このシーズンはキノコについての知識を学ぶコースや、実際教えてもらいながら一緒にキノコ狩りを楽しむイベントなどが催されています。
日本でもキノコは豊富にあるようですし、そういったイベントに参加してみるのも楽しそうですよね。
とにかく毒キノコにはご注意!です。
少しでも疑いのあるキノコ(安全と確信のないキノコ)は採ってはいけないというのが、スウェーデンでも鉄則です。
キノコ狩りに行かれる方は、動物や毒キノコなど、気をつけて楽しんでください♪♪

素敵な秋になりますように。
Ha det så bra !!

groda


----------------------------------------------
◇“キノコ狩りおまけ企画”やってます!
 grodaおすすめのキノコ柄のショッピングバッグ 数量限定で販売中です。
--------------------------------------------------------------
ザリガニ♪ザリガニ♪
Hejsan!皆さんお元気ですか?
grodaです。ご無沙汰しておりました。

前回予告をしていた、春の行事の過去レポート・・・ここまで時間が経ってしまっては恥ずかしくて書けませんね(笑)
毎年訪れる四季の行事ですから、来年のお楽しみということで・・・。
もちろん、リクエストがあればいつでも書きます(笑)

さてさて、スウェーデンの今は・・・?
とっても寒いです!
今年は前回のスウェーデン便りの後、夏らしい夏が来ないまま、みんな首をかしげている間に秋が駆け足で
やってきてしまいました。
朝晩かなりの冷え込みで、すでに厚手のジャケットが必要なほど。
日中の服装も、ニット素材のものや皮素材も登場。もう衣替えです。
オシャレには楽しい季節ですが、もうすぐ長い冬がやってくるんですね~。
少し、しんみりとしてしまいますが、明るく過ごしていきます♪


そんな秋本番にも関わらず、先日季節外れの
ザリガニパーティー
参加してきましたので、今日はその話題を・・・。
友人夫婦が両親宅で行う毎年恒例のザリガニパーティーに招待してくれたので、grodaはお気に入りの美味しいチョコレートを持参して、伺いました。
森の中の素敵な赤い家に10人ほどが集まり、夕方からスタート!



お約束の
太陽の飾りも壁にかけられ、まずは前菜から。
まだまだザリガニはお目見えしませんよ。
子供用のテーブルも用意されて、好きな料理を各自盛り付け。
スウェーデンでは、大人数で食事する際、大皿に盛られた料理を1つのテーブルに全て並べ、そこへ各自大きなお皿を持って、自分で盛り付け。
食べるテーブルは別で、そこへ運び、食べるのが普通です。
好きなものだけ取ればOK。

          


ザリガニパーティーではわりとこってりとした料理をあわせることが多く、定番はパイ。
今回は
カンタレッルというスウェーデン人大好きなキノコをたっぷり使ったパイが登場。とっても美味しい~~♪
このキノコはもちろん森の中で採ってきたものです。

他には酢漬けのニシン(これはスウェーデン料理の定番ですね)、それからエビのムースなどなど。
(エビのムースがとっても美味しかったので、今度レシピを教えてもらおうと思います。)
テーブルには紅葉した葉を散らして飾り付けしていてとても素敵でした。
次にザリガニが出てくるのはいつかしら?と思いきや、次はローストビーフ!ポテトを添えて。
ここでもカンタレッルキノコはとってもいい味が出るので、お肉のソースなどに使うことが多いです。

             


パーティーのゲストも予想以上の料理の量に、計画的に食べなくてはザリガニがはいらなくなってしまう・・・
でも美味しいから止められない~~!とうれしい悲鳴をあげていました(笑)
おしゃべりも弾み、段々と日が沈んできて、ろうそくに火が灯り、スウェーデンらしい雰囲気の夕食会へ。
                  


そして、満を持して・・・ザリガニの登場です!
その頃、子供達は大人の食事のペースには飽き飽き!というように、早々と食事を済ませ遊び始めていたのですが、
ザリガニ登場となれば、そこは外せない!と慌てて、2階から駆けおりてきましたよ。
さすが、スウェーデンの子供達!
今回感動だったのは、
スウェーデン産のザリガニが食べられたこと。
なんといっても、
友人のお父さんが近くの湖で採ってきたものですから、
正真正銘のスウェーデン産!頭とハサミの大きいこと!
輸入物とは比べ物にならない立派なザリガニ!
ハサミの中にもたっぷりお肉が入っていて、今まで食べた中で一番美味しいザリガニでした。
お塩をたっぷりとディルで茹で上げたザリガニは色鮮やか。
輸入物に比べて、少し黒味がかった赤でした。
足の付け根辺りに口を押し付け、汁をズズズッと吸う姿を見ると、みんな本当にザリガニが大好きなんだなぁと感じます。
ヨーロッパの人でも音を立てて何かを食べる時があるとは。
この汁が美味しいんだから、やってみろ!やってみろ!と言われ、試してみましたが、なかなか難しく、そして、汁のしょっぱいこと!1.2匹試して、私は遠慮しておきました。
あっという間にみんなで山盛りのザリガニ3皿を平らげ、残るは殻の山・・・(笑)




ザリガニを食べている時は前菜、お肉を食べるときと違って、皆、し~~んとしていて、もくもくと殻を剥いて食べてしまいました。日本人もカニを食べる時、し~~んとなってしまいますよね。スウェーデン人も同じようです♪

美味しい料理盛りだくさんのパーティーでしたが、最後にまたとびきり美味しいデザートとコーヒーが待っていました。
お母さん特注パンナコッタのベリーソース♪
絶品でした。盛り付けも素敵♪
もちろん、このソースに使われた
ベリーも森の中で手摘みされたもの




自然の恵みをたくさん感じるパーティーにおなかも心も満たされました♪♪
その日はそのまま、友人とともにお泊り。
そして、予期せぬ嬉しい行事が翌日に待っていました!!
今年、「行きたい!行きたい!」と騒ぎながらも、やたらに森に入ることも出来ず、半ばあきらめていたキノコ狩り♪

次の日の天気が良くなるように祈りながら眠りにつきました。

キノコ狩りの様子は、次回に♪
Ha en bra dag!(素敵な一日を♪)

groda
もうすぐ夏至祭!
こんにちは!grodaです。
皆さん元気にお過ごしですか?
またまた、更新に随分と間が空いてしまいました・・・。
PCを日本に修理に出していたのですが、パソコンとはこんなに怖いものか!と実感。
今までどれだけの時間を割かれていたか気がつくと同時に、無いとこんなにも不便なものか・・・と、気がつき、
「一体これは便利なのか、どうか?」と疑問を感じたgrodaです。

さて、スウェーデンは暖かくなってくると同時に、
時間の流れが速くなってくるような気がするのは、私の気のせいなのですが、
夏はとにかく駆け足で過ぎていってしまうという感じ。
いろいろ慌ててしなければなりません。(笑)
 
3月にスウェーデン便りを更新してから、いろいろと行事がありました。
まずは、
復活祭
春を告げる
ワルプルギスの前夜祭
そして、
春の象徴「マイブロンマ」と・・・。

というわけで、今回は、今まさに夏到来のスウェーデンをご紹介してから、過去レポートをお送りしたいと思います。
巻き戻しになりますが、お付き合いしていただければ嬉しいです♪

そんなわけで、今回は急に暑くなってきて夏本番!?
と思うような気候となっているスウェーデンを・・・。
6月に入り、気温はグングンと上がり、日照時間もどんどん伸びて、夏至も間近となり、
夕日を見るのは22時半頃となっています。
気温は25度以上の日が続いて、
日光浴を楽しむ人の多いこと!
川沿い、湖、ビーチ、その辺の芝生(笑)、至る所で、レジャーシート、またはバスタオルをひいて
寝転がる人を見かけます。


そして、30度を超えた日の午後、grodaは初の湖水浴に挑戦してきました。
情けないことに、スウェーデンに来て4年になりますが、湖水浴をしたことがありませんでした。
というのも、海大好き!南の島バンザイ!タイプの私としては、
湖の水=冷たい、循環してない、水草いっぱい、ヌルヌル、底は沈殿した泥・・・
というイメージ。(あまりにもひどい偏見かもしれませんが・・・)

というわけで、、ずっと倦厭してきたのですが、スウェーデンといえば、湖の国!
ニルスがガチョウの背に乗って、大空を飛んで行く時、眼下に広がる景色は湖がたくさんある、素晴らしい景色でしたもんねぇ。(ちょっと古い話かもしれませんが・・・。)
いつかは湖水浴にも挑戦したいと思いつつ、湖底に足が触れるのは避けたいと思っていた私。


先日、日光浴と散歩ついでに訪れた湖は、岩場が多く、ちょっと階段状になっている岩場から、
すぐにぐっと深くなっているような地形を持った湖。
そのため、足が湖底に触れることもなく(触れても岩。)水草もないし、ちょっと深い所のため、水はきれい♪
これなら、初湖水浴にはピッタリかも♪と勇気を出して飛び込みました!
ちなみにこの時期、水着は常に持っています!いつでも飛び込める用意。スウェーデン的。(笑)
でも、スウェーデン人は水着を持っていなくても下着で飛び込んでしまいますけどね・・・。
(時には裸で飛び込んでしまう人も!←大人の女性もですよ・・・!)

           



湖の水は、さすがに、まだちょっと冷たいものの、とっても気持ちが良くて、
ちょびっと湖も悪くないと思えた体験。(笑)
これから、湖水浴もどんどんすることになりそうです。
そして、泳いでた場所を岩場に戻って眺めていると、魚がたくさん泳いでる
のが見えます。水のきれいなこと!
(泳いでいる時は見えないですし、隠れているようですが。)



一休みをしている時は、湖の入り口で売っているスウェーデン産
イチゴ、ラズベリー、ブルーベリー
つまみながら、のんびりと日光浴。ベリーは夏の果物の定番です。
スウェーデンの海水浴場や、湖水浴場には、日本のような出店はそんなにありませんが、こういった果物を売っているのが北欧らしいですね。
特にイチゴは夏を象徴する果物ですから、スウェーデン産が出回ると、皆こぞって買い出します。
スーパーマーケットには、イチゴを売る屋台が出て、夏休みの学生達がイチゴ売りのバイトをしているようです。

私が湖水浴をしたのは、もう午後の6時過ぎだったのですが、まだまだ人は沢山いて、一日中のんびり日光浴や、
湖水浴、etc....を楽しんでいるようです。

       



今は、花がとってもキレイな時期でもあり、
散歩をするのにももってこいの季節。
日差しが強いので、日よけ対策は必要ですが、ペットボトルを片手にぐんぐん歩いていくのも楽しいもの。
自然と建物が調和している町並みを見て歩くのもいいですし、森の中の散歩コースを歩いて、緑を通して注がれる太陽の光をたっぷり浴びるのも良し。
海沿いやもちろん、湖の周りを散歩するの景色が素晴らしく、楽しいです。

               



夜も日が長いので、ご飯を食べた後に、ちょっと散歩♪というのも、なかなかいいものです。
昼間と違う、光に照らされた建物もとってもきれい。
ヨーロッパでは、建物をライトアップする習慣があるので、ステキですよね。
昼間とはまた違う表情を見せてくれます。

               

町中のカフェは夜遅くまで開いているので、散歩して、
夜風に当たりながらコーヒーをゆっくり、一杯頂いて
飲んで帰る、なんて時間の使い方もいいですよね♪
週末は酔っ払いがたくさんいますので、せっかくの雰囲気を台無しにされないようにご用心!(笑)

来週は早いもので、夏至祭を迎えます。
スウェーデンが一年で一番活気づく時!
そして、それから、また日照時間が減り始めるかと思うと、なんだか早過ぎる気がしますが、
まだ8月頃まで、スウェーデンの夏は続きます♪

時間が開き過ぎてしまって、変なレポートとなりますが、今年の復活祭はちょっといつもと違うものだったので、
次はそれをお届けしたいと思います。

日本は梅雨の季節ですね。
ジメジメする季節ですが、明るい色の服を着て、気分も明るく、楽しい時間を過ごしてください♪

Ha en bra dag !!!
groda