Home   Shopping   Special   Ya.Su.Ra.Gi-style   Interior   Travel   Groda   About us   How to Order   Mail   BBS

 "Special Feature"

   
   “幸せの連鎖”
   
"サプライズ"が好き。
夫婦間でも、友達同士でも。

大切な友達や家族のことを、時には、"サプライズなことで喜ばせたい"と思う。
この気持ちの根底にあるのは、“相手の喜ぶ顔が見たい!”という本当に純粋な気持ち
純粋な気持ちが相手に伝わったとき、その想いは何十倍にも膨らんで伝わっている。

サプライズを計画しているときのあのワクワク感、
心が躍って、表情で計画がばれてしまいそうなほど。
そして、相手の驚いて喜ぶ顔を見たとき、「やってよかったぁ〜」と、なんとも言えぬ幸福感に包まれる。

サプライズを受けた時には、相手の温かい気持ちに、ただただ、幸せを感じる。
そして、次は私もサプライズで喜ばせよう・・・と。

こんな風に、“喜ばせたい”という気持ちが
次から次へとつながり、幸せの連鎖が始まる
“相手を想う幸せ”と、“想われる幸せ”を順番に感じながら・・・。
だから、夫婦でも、友達でも、家族でも、サプライズをし合う間柄には、
いつも幸せな空気が漂っている

そう、サプライズが好きな理由はここにある。


今月はクリスマス。
サプライズの種はいっぱいころがっている。
「喜んでくれるかな?ビックリするかな?美味しくできるかな?」と食べてくれる人の顔を頭に浮かべながら、
シークレットで作るケーキも立派なサプライズ・プレゼント!
そこからきっと、温かな気持ちが広がっていくはず。

お菓子作りをいつも教えてくれるお友達のTOMOEさんが、
「身近な材料を使って、誰でも簡単に作れるクリスマスケーキの作り方」をレクチャーしてくれました。
クリスマスケーキの王様、
“ブッシュドノエル”
とてもわかりやすく説明してくれているので、ぜひぜひ作ってみてください。
さんの ブッシュドノエル


クリスマスケーキの定番“ブッシュドノエル”は、フランス語で「クリスマスの薪」という意味。
お菓子作り初心者の方にも簡単に作れて、とても美味しいですよ!
<材料>
 ■シートスポンジ
       卵(Mサイズ) 3個
       グラニュー糖 60g
       薄力粉     35g
       ココアパウダー(無糖)10g


 ■スポンジに塗るシロップ
       グラニュー糖 50g
       水        50cc
       ラム酒     少々


 ■デコレーション
      生クリーム 200cc
      グラニュー糖 20g
      ラム酒    少々
      栗の甘露煮(適宜)
      お好きなフルーツやクリスマスの飾り。


 <下準備>
  1.卵を室温に戻しておく。
  2.天板にグラシン紙を敷いておく。
  3.オーブンを200度に温めておく。
  4.シロップを作っておく。耐熱の器に水とグラニュー糖を入れ、電子レンジで1〜2分。
   グラニュー糖が溶ければOK.ラム酒を加える。
  5.デコレーション用の栗の甘露煮やフルーツ等を切っておく。

<ブッシュドノエルの作り方>


○シートスポンジ

1. ボウルに卵を割りほぐし、泡だて器で湯せんにかけ(または温かい濡れ布巾をあてながら)泡立てる。
  卵がフワッとしてきたら、グラニュー糖を3回に分けて加えてよく泡立てる。〔写真@〕
  
  POINT! 生地が泡だて器に絡むくらいまでよく泡立てる

2. 薄力粉とココアパウダーを一緒にして、1の上に振るい加える。〔写真A〕
  

3. 木ベラ(ゴムべら)で粉気がなくなるまで混ぜる。ここからさらに艶が出るまで混ぜる。〔写真B〕
  
  POINT! 生地に艶が出て、少し緩む程度まで混ぜる。そうすると、しっとりとした口当たりのいいスポンジになります。

4. 3を紙を敷いた天板に流し入れ、ドレッチ等で平らにする。

5. 天板の底をポンポンと軽くたたき、空気を抜く。

6. 天板を2枚重ねて(底面に濃い焼色をつけないため)200度に温めておいたオーブンの上段で12〜13分焼く。
POINT!天板が2枚ない場合は、敷き紙の下にアルミホイルを敷く。(電気オーブンの場合は250度くらいまで上げて焼いてもOK!)

7. 焼きあがったら冷ます。余熱が取れたら、ビニール袋に入れて冷まし、しっとりさせる。〔写真C〕

   

○デコレーション

1. シートスポンジが完全に冷めたら、デコレーションする。

2. 生クリームに分量のグラニュー糖を加え、氷水をあてながら角が立つくらいまで泡立てる。

3. 焼きあがったシートスポンジに、ナイフで軽く筋目を入れ、シロップを塗り(両面)生クリームを塗る。〔写真D〕
  栗の甘露煮を細かく切ったものをちらし、手前から巻いていく。〔写真E、F〕
    

4. 3の端から5〜6センチを斜めに切る。

5. 切ったものを上に乗せ、薪をイメージして、残りの生クリームを周りに塗る。〔写真G〕
  

6. フォークを使い、線を描き、薪のように仕上げ、クリスマスの飾りを乗せる。〔写真H、I、J〕

    


<ブッシュドノエル撮影・作り方 tomoeさん>
今回のクリスマスケーキ作りで使用しているお皿:

               
ディナープレート(26cm) お色:エーデルワイス

   
Copyright(C)2003-2006
Slowlife-Style.com. All Rights Reserved since 2003/10/1